求人サイトの見分け方

覚えておくと良い求人情報の見分け方

情報誌やインターネットなどで求人情報を見る時には、なるべく良い条件の求人を探すようにして見ていく人もいるでしょうが、求人の見分け方を知っておかないと、後々面倒なことになる場合がありますので注意が必要です。
例えば、求人情報の見分け方として覚えておくと便利なのが、給与に関する記述です。
50万円以上可能、と書いてあると魅力的に感じる人もいるでしょうが、可能であって保障するわけではありませんから、必ずしもその金額の給与がもらえるとは限りません。
また、一見高い時給だとしても、研修期間が設けてあり、最初からその時給がもらえるわけではない場合もあります。
その他、交通費の記述にも注意が必要です。
交通費全額支給と書いてあれば、その記述通りのことが多いですが、交通費支給制度有り、のように書かれていると、全額だとは限りません。
このように、求人情報を見ていく時には、細かな読み解き方を怠らずに、見分けていく力をつけることが大切です。

意外と注意するべき求人の見分け方

契約社員、正社員として雇用を見た際に、休日日数や残業代の有無をよく確認しておきましょう。
求人に書かれていることは間違ってはいないのですが、募集した後で企業から話を聞くと、内容が考えていたものと異なる場合がありますので、見分け方には注意しましょう。
まず、求人に記載されている休日内容が、週休二日制となっている場合注意が必要です。
毎週週二回は休みがあると認識しがちですが、毎週二日休みがある場合は、完全週休二日制と記載されるので、注意しましょう。
もう一つ、残業代の見分け方も注意しましょう。
残業代が無く、給与面が高い場合は、みなし残業として賃金が給与の中に含まれている場合があります。
また、残業代が有と記載されていても、未経験の求人で給与が高いと、給与面の中にみなし残業を入れて、残業代を支給しているいう企業がありますので注意しましょう。
企業から出されている求人には様々な記載があります。
これから就職活動を考えている方は、確実に見分けていくためにも、なるべく多くの求人に目を通し、見分ける力をつけていきましょう。

注目サイト

外壁塗装 渋谷区

最終更新日:2018/3/30

Copyright 2015  Recruit Navigation.  All Right Reserverd.